Energy Forest

/エネルギーの森 熱のみち 2012


2030年の東京大都市圏の郊外(足立区竹の塚)に対する、まちづくりの基本構想の提案。
緩やかに縮小•スプロール化する成熟(もしくは熟成)したまちに対して、公共交通政策と土地利用政策の整合化(過去の政策の段階的見直し)を図りつつ、中規模自然エネルギー施設の漸進的な導入を促すことを主な目的とした。

◎以下の4点を提案の骨子とした。
1.駅から徒歩圏内に居住地を縮小してコンパクトなまちとし、徒歩圏外を森とする。
2.徒歩圏外の森において、搬送ロスが小さい太陽光発電システムを採用して電力をつくる。
徒歩圏内のまち(市街地)において、搬送ロスは大きいが効率の高い太陽熱利用システムを採用して熱をつくる。
3.パネルの設置箇所として森及び市街地の「道」を利用する。
4.市街地の道でつくられる(冷•温)熱を建物内部だけでなく外部にも利用し、快適な外部空間「熱のみち」をつくり、全住民がすぐにその道にたどり着けるように配置する。

◎まちづくりのガイドラインとなるように、以下の施設や設備を提案した。
公開熱地/冷地、ユース•ホスピス、熱のみち、カーシェアパーク、学校温泉、エネルギーの森

ソーラータウンデザインコンペティション 佳作受賞
所在地:東京都足立区
共同設計:川島範久

※より詳細については、下記のウェブサイトから提案パネルがダウンロード閲覧できます。
http://www.gas.or.jp/solar-energy/competition/town_compe/result/index.html

 

Proposal of the basic concept of town planning for the suburb of Tokyo metropolitan area in 2030 (Adachi ward Takenzuka).
Gradually Shrink · The plan’s main purpose is to promote the gradual introduction of medium-scale natural energy facilities, while harmonizing public transportation policy and land use policy (stepwise review of past policies) against mature (or ripening) mistake to be sprawled.

◎ The following four points were adopted as the outline of the proposal.
1. Reduce the residential area to a range within walking distance from the station, make it a compact town, and let the forest spread at a short walking distance.
2. In the forest outside the range of walking, electricity is generated by adopting a photovoltaic power generation system with a small transportation loss.
In the town area (urban area) within walking distance, we adopt a solar thermal utilization system which has high transportation loss but high efficiency and creates heat.
3. Use the “road” of the forest and urban area as the installation place of the panel.
4. We use heat (cold · warm) created by urban roads not only inside the building but also outside, to generate a comfortable external space “heat circle” and arrange so that all residents can reach the road soon.

◎ We suggested the following facilities and facilities to be a guideline for community development.
Public hot / cold areas, youth · Hospice, heat road, carshare park, school hot spring, energy forest

Solar Town Design Competition Honorable Mention award winning
Address: Adachi-ku, Tokyo
Collaborative design: Norihisa Kawashima

* For further details, the proposal panel can be downloaded and viewed from the following website.
http://www.gas.or.jp/solar-energy/competition/town_compe/result/index.html