TOKYO PHOTO 2012

/トーキョー・フォト 2012


アジア最大級のフォトフェア「TOKYO PHOTO」の会場構成の提案。
ミッドタウンに、約40の国内外を代表するアートギャラリーが集い、約1000の作品が出品される催しである。

1つのホールを、単純な構成で少し大きく贅沢な9つのスペースに分割し、「劇場のホワイエのようなブース」になることを目指した。
これらのスペースは図式としては3×3の単純配置なので、膨大な数の作品群を迷わず、疲れずに鑑賞できる。
また全スペースのプロポーションを変え、部屋のつながり方を多様にし、飽きずに楽しく巡ることができるようにした。
紋切型のイベントフェアのように1ギャラリーに小さな1ブースがあてがわれるのと比較して、以下のことを実現している。
ア.1つ1つの空間は2倍の広さを感じられる。(写真を飾る壁長さは等しいかそれ以上を確保)
イ.作品をさまざまな距離から楽しめる。
ウ.鑑賞する、商談をする、おしゃべりをする、ただ通過するなど、同じ空間内で多様な過ごし方を許容する。

コンペティション 2等受賞

所在地:東京都港区
主要用途:展覧会場
会場床面積:2,040㎡
共同設計:SRAN DESIGN

 

 

Proposal for the venue composition of Asia’s largest photo fair “TOKYO PHOTO”.
Approximately 40 domestic and international representative art galleries gathered and about 1000 works were be exhibited.

The idea for the project is “booth like a theater foyer”, achieved by dividing the hall into nine large and luxurious spaces with a simple arrangement of 3 × 3. The new separated spaces allow a better observation of the works, while the diversification of the rooms connections, provides a more dynamic circulation.
Compared with the case where one small booth is assigned to one gallery like a stamped event fair, the following is realized.
A. Each space can be felt twice as wide. (Wall length decorating pictures is equal or more secured)
A. You can enjoy the work from various distances.
C. To appreciate, to negotiate, to chat, just to pass through, allow different ways to spend in the same space.

Competition 2 nd prize

Location: Minato-ku, Tokyo
Main application: Exhibition hall
Venue Floor area: 2,040 m²
Collaborative design: SRAN DESIGN