Cornelis Hollander

/コーネリス・ホランダー展 会場構成  2010


コーネリス・ホランダーのジュエリーを展示するための展示構成。年に一度、小さい事務所を間借りしてホランダー作品とアンティーク時計の販売を顧客のみに行うクライアントが、過去にさまざまな人に販売した作品をもう一度借り集めて開催した、ささやかであるが特別な展示会である。4日間だけ、小さな部屋に所有者の異なる31のホランダー作品が集った。


コーネリス・ホランダーのジュエリー作品は、視覚的かつ物理的に重厚であり、同時に不安定な重心をもつ物体であった。そこで、それらを天井から1点のみで吊るすことで、重力に素直に従った状態で静止するようにした。宙に浮くように静止した形態は、作品それぞれの重心が最も端的に表現された風景を生み出している。
また、どの角度から観ても異なる見え方をする彫刻的なダイナミズムを見せたいというクライアントの要望に対して、φ70の白く円い台座を、その円の中心軸(すなわち支持点とジュエリーの重心を結んだ鉛直の軸)まわりの回転だけを許容する構造とすることで、手をふれることなく容易にあらゆる角度から鑑賞できるようにした。
展示高さを窓の上枠より上に(正確には垂れ壁下端に合わせて)設定し、太陽光が床などで反射・拡散した光のみを、台座が展示照明として受け止め、天井に影が生じないようにしている。


Exhibition composition for Cornelis Hollander’s jewelry.
The client of the exhibition borrows and sells Hollander works and antique watches.
Once a year, he organizes a modest but special exhibition in a small office borrowing works sold to various people in the past.
Only for four days, he gathers 31 Hollander works from different owners in a small room.


Cornelis Hollander’s jewellery work was visually and physically heavy and at the same time had an unstable centre of gravity. Therefore, the idea for the exhibition is to suspend the jewellery from one single point, in order for it to be immobile and obediently follow gravity.

The floating motionless jewellery thus creates a landscape in which the center of gravity of each work is expressed most strikingly.
Also, in response to the client ‘s desire to show a sculptural dynamism different from any angle, a white circular base of φ 70 is placed on the center circle of the rotation axis, so that the pieces can easily viewed from all angles without having to touch them.
The height of the circles is studied to carefully align with the lower end of the drooping wall, so that the sundlight reflects and diffuses on the floor, and no shadow is casted on the ceiling.