New Kaneno 2

/ニューカネノ2期 2017

卸売店舗の上層階を、ファッションのクリエイターが集まるシェアオフィス+ラウンジに転用するプロジェクト。
クライアントからは人の集まり方に応じてブース型・オープンアドレス型・オフィス型の3つのタイプの空間を用意すること、また定期的にイベントやコレクションの発表会を行うに適した空間が求められた。3つのタイポロジーの採用は、間仕切りと造作家具に関してシェアオフィスというプログラムに計画学的に強く規定されることを意味していたため、もう少し人の集まり方に冗長性をもたせられたり、その集まり方自体が計画案に反映されるような手法はないかどうかを考えた。結果として、その可能性を天井に求めることになった。
まずは天井仕上げがない世界を想像してみた。露出する天井の下地材が、下で起こる出来事や人の集まり方に対応するように変化し、さまざまな構造形式や機能をより高度なレベルで持つようになるのではないかと仮説をたて、天井の下地材を開発することを試みた。
オープンアドレス型はファッションショーや展示会の際に上から服や雑貨を吊るせるようにX軸を木軸に、Y軸を鉄のフラットバーとし、1スパンあたり100kgの耐荷重をみこんである。また腰壁でブースをしきりがちなブース型空間にとっては、天井が最も公共性の高い面であるので、下地を400程度のスパンで密に入れ、モノを吊ることで利用者の性質が天井面に細やかに反映されるようになっている。3つ目のオフィス型空間については、最も収納スペースが必要であるため、壁面の収納の構造を天井の斜材で補強して収納と天井で門型のフレームを構成し、全体を華奢な部材にすることを実現している。

所在地:東京都中央区東日本橋
主要用途:服飾卸売店舗+シェアオフィス
規模:6階+地下1階 305坪(第二期工事:4~6階 133坪)
撮影:水津惣一郎

 

A project to convert the upper floors of a wholesale stores into share offices and lounges, where fashion creators can gather.
The client request was to design three types of spaces suitable for holding events and collection presentations regularly: “Booth type”・”Shared office type”・”Office type”.

The adoption of the three typologies refers to a share office space and concerns partitions and furniture. The design started from wondering whether there was a way to make redundancy more attractive to people gathering, and how the gatherings themselves would reflect into the plan. As a result the ceiling plays this pivotal role.
The space is conceived to be without ceiling finishing, only the material underlying the exposed concrete changes accordingly to events and people gathered underneath. This in-between space would have various structural forms and functions.
The “open address” type structure can bear a load of 100 kg per span with a wooden structure on the X axis and metal flat bars on the Y axis, so to host hanged clothes and miscellaneous goods during fashion shows and exhibitions.
For the “booth type” the ceiling is the most public surface, so the structure is reinforced with short wooden panels and a much denser vertical structure, reaching a capacity of 400 kg per spans. The nature of the user is reflected in the ceiling detail.
For the third “office type” space, since the storage space is the most necessary, the structure of the ceiling is reinforced with a diagonal wooden frame.

Location: East Japan Bridge, Chuo-ku, Tokyo
Major uses: clothing wholesale store + share office
Size: 6th floor + 1st basement 1010 m2 (2nd phase construction: 4th to 6th floors 440 m2 )

Photography: Suizu Sōichirō

 

5階にはファッションクリエーションのがっこう「coconogacco」が入る。普段はシェアラウンジとして、日常の社員の休憩スペース、イベント、撮影などさまざまな利用に対応する場所になっている。

On the fifth floor of the building is located “coconogacco”. Normally a share lounge, it also accommodates various uses such as employee’s rest space, events and fashion shooting.